UVレジンで動くキーホルダーを作ってみよう!

UVレジンを使って簡単に作れるキーホルダーの作り方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

リング型の方とUVレジンを用意したら、好きな色のレジンを流し込んで硬化させて、型から外し、ある程度形を整えておきましょう。

マスキングテープなどを敷いた上に、先ほど作ったUVレジンの輪っかを置き、輪っかの中に別の色のレジンを流し込んで底の部分を作って硬化させましょう。

テープからUVレジンを剥がしたら、同じ輪っかをもう一つ作り、片方にビーズやラメなどを適当に入れて、さらに精製水かベビーオイルを適量入れるのです。

レジン液を接着剤代わりにして、もう一個の輪っかを使ってUVレジンの蓋を閉じたら、硬化させて側面に余っているレジンを削って整えたら完成ですよ。

バレンタインだから生チョコ作ってみよう!

バレンタインももうすぐですが、本格的なチョコを自作してプレゼントしたいと考えている方にオススメの作り方をご紹介いたします。

まずは板チョコを用意して適当な大きさに砕き、生クリームと蜂蜜とコーヒーの粉を適量混ぜて温めたら、砕いたチョコを入れた耐熱ボウルに入れて、ヘラで混ぜるのです。

溶かした無塩バターをさらに加えて混ぜたら、型の中にチョコを入れて冷凍庫で一晩固めましょう。

チョコを型から取り外したら、包丁で適当な大きさにカットして、ココアパウダーなどをかけたら完成ですよ。

自分で食べても美味しいですし、火の取り扱いに気をつければ素人でも作れますので、ぜひバレンタインに生チョコを作ってプレゼントしてみてはいかがでしょう。

美味しくて可愛いアイスキューブを作ってみよう!

美味しくて見た目も可愛いアイスキューブの作り方をご紹介いたしますので、ぜひ作ってみてはいかがでしょう。

沸かしたお湯を冷ましておき、好きなフルーツを氷用のトレーに入れて冷ましたお湯を入れたら、冷凍庫で凍らせましょう。

これだけでも可愛いですが、味を重視するならイチゴシロップを作るのがオススメですよ。

イチゴシロップは、適量のイチゴをカットして耐熱容器に入れて、イチゴの半分くらいの量の砂糖を入れて、レモン汁も少々入れて混ぜてから電子レンジで過熱させます。

アクを取り除いて軽く混ぜたら、再び電子レンジで過熱させてから混ぜて、冷ましたらシロップの完成ですよ。

コップに作ったアイスキューブとイチゴシロップを入れて、さらに炭酸系の飲み物も入れたら美味しいジュースの出来上がりです。

卵の殻でゼリーを作る方法とは?

卵の丸い形を活かしてゼリーを作る方法をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

まずは卵とゼラチン、サイダーとストロー、着色料とキリ、ヤスリを用意したら、まずは卵の底をヤスリで少し削ってキリで穴を開けて卵の黄身を取り出します。

空いた穴からストローを入れて、黄身を混ぜてからストローを吹くと中の黄身を綺麗に出せるので、後は卵の中身を洗って綺麗にしましょう。

サイダー200mlを入れた容器を電子レンジで温めて、その中にゼラチンを入れて溶かしつつ混ぜたら、ペットボトルに残っているサイダーも入れて、それぞれ着色料で色付けを行いましょう。

注射器のようなスポイトで卵の殻の中にゼリーを入れて、冷蔵庫で冷やしたら完成ですよ。

このゼリー作りは子どもだけで行うのは危険ですから、大人と一緒に実践してみましょう。

100均で簡単!UVレジンキーホルダーの作り方

100均のアイテムで簡単に作れるUVレジンのキーホルダーの作り方についてご紹介いたします。

100均で手に入るUVレジン用の型とカラーUVレジン液、ホログラムや各種ネイルパーツ、金具と歯間ブラシを準備したら、まずは裏面から作るためにクリアカラーのUVレジンを流し込んで、メタルパーツなどのネイルパーツも入れて硬化しましょう。

カラーのUVレジンを上側に入れて、中間色になカラーのるUVレジンを流し込み、薄めのカラーを下部分に入れて、色の境目をぼかしてホログラムを入れてから硬化させますが、気泡が入っている場合には歯間ブラシを活用するのがオススメですよ。

硬化させた物を型から取り出して、次に同じような手順で表側を作って硬化させたら型から外し、表と裏を貼り合わせて固めたら境目の部分をコーティングして完成です。

身近な物を使って燻製を作る方法とは?

段ボールがあれば、誰でも簡単に燻製を作る事ができますのでご紹介いたします。

燻製とは、肉や魚を塩漬けして乾かした後に煙で燻すという調理方法ですが、段ボールを使って煙を逃さないようにすれば良いのだそうです。

段ボールの他に、桜チップやカセットコンロ、さらにはザラメを準備したら、段ボールの中にラックや網などを設置したらコンロも置くのですが、火を使用すると火傷する可能性もあるので大人と一緒に行いましょう。

桜チップとザラメをコンロの上に置いて燻すのですが、密閉しすぎると燃える事が考えられますので、火事に注意しながら行う必要があるそうです。

煙が出るので室内でやる場合には換気を行う事が大切ですし、この方法はガス爆発の危険性もありますので、自己責任でやってみると良いでしょう。

日本のお菓子、練り切りを作ってみよう

和菓子の練り切りは見た目がとても可愛らしいですが、初心者にも簡単に作れるレシピがありますのでご紹介いたします。

白あんにつなぎを合わせてお花の形などを作るお菓子ですが、今回は水12mlと白あん200g、白玉粉6gと適量のこしあん、好きな色の着色料を準備しておきましょう。

練り切りの生地作りでは水と白玉粉をしっかり混ぜておき、白あんを入れた耐熱ボウルに白玉粉と水をさらに混ぜたら、電子レンジで1分から2分程度温めて硬さを確認しましょう。

半分はラップで包み、残りは好きな色に着色してからラップで包んでおき、玉菊を作る際には餡子と白色と赤色と黄色の物を適量準備しましょう。

白梅を作りたいなら白と黄色と餡子を適量用意して、手毬を作るなら好みの色合いをバランスよく用意すると良いでしょう。

面白実験、簡単な材料でできる?

身近にある物を使って簡単にできる面白い実験がありますので、ぜひ参考にして実践してみてはいかがでしょう。

水が入っている瓶の中で竜巻を作る方法は、瓶の4分の3くらいまで水を入れたら、お酢と液体石鹸を小さじ1杯加えて蓋をしっかりと閉めたら、円を描くように瓶を回転させるだけで簡単に竜巻を作る事ができるのです。

氷に糸を付けたいと考えているなら、氷の上に糸を置いて塩を適当に振りかけるだけで糸を氷の中に沈ませる事ができるので、少し待つだけで簡単に氷に糸を付けられるのです。

石鹸で雲を作りたいと考えているなら、市販の白い石鹸を電子レンジで4分ほど入れて温めるだけで誰でも簡単に雲形の石鹸を作る事ができますから、電子レンジを壊さないよう気をつけながら自己責任で実践してみましょう。

ミニチュアな弓矢を作る方法とは?

ミニチュアは見ているだけで楽しめますが、今回は弓矢をミニチュアを作っていますので、ぜひ参考にして作ってみてはいかがでしょう。

よくある竹と使わない弦、羽根と竹串を用意したら、竹を適度な大きさに切り取るのですが、竹は通常のサイズの4分の1くらいに削り、適度な細さを作りましょう。

弦を引っ掛ける部分を竹の両端に作ったら、小さく切った竹を用意して、接着剤で小さく切った竹を両端にくっ付けたら、さらに削って形を整えていき、弓の形を曲げる時には熱湯を用いて温めつつ曲げると綺麗に曲がりますよ。

弦は弓の両端に取り付けて、矢は色を塗った竹串に接着剤で羽根を付けたら完成です。

誰でも簡単に作る事ができますが、実際に使用する時には危険のない場所で、周囲の安全を確保した上で使いましょう。

とっても可愛い!ウォーターアクセ

涼しげで可愛いウォーターブレスレットを作る方法がありますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょう。

まずは適当な太さのチューブを用意して、自分の腕の太さに合うようカットしてチューブの箸をキュッと潰して、箸から2mmくらいの部分に穴を開けたら丸カンを通しましょう。

グルーで蓋をします

動画
液体を閉じ込めるために、チューブの片側2cmにグルーを入れていき、丸カンを閉じておきましょう。

お好みの色合いで作りましょう

動画
閉じてない方から、ベビーオイルやランプオイルを適量入れておき、精製水と好きな色の着色料やラメ、グリッターやビーズなどを混ぜたら、チューブに流し込んで自分好みのブレスレットを作りましょう。

ブレスレット完成!

動画
もう片方も同じように穴を開けて丸カンを通して、グルーで閉じ込めたら完成ですよ。

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 1 / 4
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4