トリックアートを紙で作る方法とは

平面のトリックアートは、目の錯覚で思わぬ見え方が楽しめますが、立体のトリックアートもなかなか面白いですから、ぜひ作ってみましょう。

坂の設計図

面白実験 3方向が坂になっているように見えるトリックアートは、ビー玉を上から転がしてみると坂を下ることなく不思議なことに真ん中に止まるのです。

柱の設計図

面白実験 このトリックアートは、誰でも簡単に工作を作ることができますから、厚紙とカッターとハサミとビー玉を用意して家庭でも作ってみましょう。

土台の設計図

面白実験 厚紙に設計図を書いたら、設計図通りに切り取っていき、道のパーツを作りますが、道は中心に近いほど太くなるという作りになっていますので、先の方は細く作るのがポイントですよ。

柱になる部分も設計図を書き込んで、設計図通りに切り取ったら、パーツを取り付けて完成ですよ。

【おもしろ実験】掴める水を作ってみた!

触り心地が抜群のスライムの作り方は多数公開されていますが、今回は掴める不思議な水の作り方をご紹介いたしますので、ぜひ自宅でも作ってみてください。

用意する物

面白実験 掴める水はダブルオーホと呼ばれていて、人工イクラを作る時と同じ材料で作ることができますので、アルギン酸ナトリウムと乳酸カルシウムを用意したら、ペットボトルにぬるま湯を入れてアルギン酸ナトリウムを1,5gほど入れて、しっかりと混ぜましょう。

両方を混ぜて作る

面白実験 乳酸カルシウム6gを1リットルの水に溶かしたら、混ぜておいたアルギン酸ナトリウム水を入れますが、お玉にアルギン酸ナトリウムを入れて、傾けるようにしながらいっぺんに入れるのがコツですよ。

掴める水ができあがり!

面白実験 両方とも透明な水ですから、どんな科学反応が起こっているのか見えませんが、ゴムベラで優しくかき混ぜれば完成です。

学校で注目の的?ウォータードームペンを作ろう

持っているだけで目立ち注目される文房具が色々発売されていますが、手作りの素敵な文房具を学校に持って行って、みんなの視線を独り占めしてみませんか?

ウォータードームペンを作ろう!

面白実験
今回作るのは、持っているだけでとっても可愛いウォータードームペンで、市販されているコルク付きの細長い瓶を用意したら、コルクの真ん中にインク部分が通るよう小さな穴を開けておき、瓶の長さに合うようにインク部分の長さを調節しましょう。

瓶にビーズを詰めよう

面白実験
インクの穴は、グルーなどの接着剤で塞いでおき、インクが漏れない状態にしたら、適量の液体糊を容器に入れて、さらに精製水を合わせて液体を適度な柔らかさに調節しましょう。

樹脂粘土を付ける

面白実験
瓶の中を可愛く彩るためにも、グリッターやビーズ、デコパーツなどをお好みで入れたら液体を流し込んで、ペン先部分の付いたコルクで蓋を、グルーなどの接着剤で隙間も塞ぎましょう。

ペン先は樹脂粘土でコーティングすると、とっても可愛いですよ。